軽トラックがほしい|トラックやダンプは中古で購入するのが賢い買い方|トラックcom

トラックcom

軽トラックを購入するときはここに注意して選ぼう

小回りがきく人気の車両

乗用車と比べ大量の荷物が積める上に小回りもきく人気の軽トラック。そんな軽トラックを購入する場合、いくつかチェックしておくべきポイントがあります。満足いく軽トラックを手に入れるためにも購入時にチェックするポイントを確認しておきましょう。

軽トラックを選ぶときのポイント

使用目的に合っているか

まず軽トラックを購入して何に使うのかを明確にしましょう。軽トラックは様々なものが発売されていて、用途も様々です。荷物を積むことに特化したものもあれば、冷蔵庫や冷凍庫がついた特殊なものもあります。用途を明確にすることでどういった車両を購入すればいいのかが決まってきます。

新車か中古車化

新車を購入するのか中古車を購入するのかも大事なポイントです。長く使っていきたいのであらば新車が向いていますし、使用する頻度や期間が限れられているのであれば中古車の方が向いていると言えます。

今までの整備状況

中高車を購入する場合は整備状況の確認が必須です。年式が新しいものでも色々と不備があってたくさん整備されているものもあります。車は使用されている部品などによってどうしても多少当たりハズレが出てきてしまうものです。これまでの整備状況をしっかりと確認して、ハズレを引く確率を減らしましょう。

走行距離

中古車を購入するときときの大事なポイントとして走行距離がありますが、軽トラックも例外ではありません。長く走れば走るほど部品が劣化してきます。走行距離と価格を比較して選ぶようにしましょう。

事故歴

事故歴のある軽トラックは価格が安いといった魅力がありますが、一見するとわからないような場所が痛んでしまっている場合があるので注意が必要です。どういった事故だったのかといった事故歴についてもきちんと調べておきましょう。ただし事故歴のある車はきちんと整備されていることがほとんどなので、納得した上で購入するのであれば事故歴のある車もありだと言えますね。

人気のトラックランキング

no.1

小型のトラック

積載量が2トン以下の小型のトラックが一番人気が高いようです。小型のトラックは様々な用途に活用できるので、色々な業種の方が愛用しているということでしょうか。小回りがきく点も人気の理由の一つだそうです。

no.2

大型のトラック

積載量が小型トラックの5倍近くもある大型トラックも人気の高いトラックです。建築資材の運搬や大量の荷物の運搬に最適で、長距離トラックとして利用されることも多いようです。

no.3

特殊なトラック

ダンプ車やタンクローリなどの特殊な用途に用いられるトラックも人気です。工事現場で活躍するダンプ車や運転席から荷台までの仕切りがないウォークスルータイプのトラック、乗れる人数を増やしたダブルキャブなどが特に人気が高い車種となっています。

軽トラックがほしい

トラック

トラックを運転する時のコツが知りたい

一般的な車両とは違うトラックを運転するときは様々な点に注意が必要です。トラックを運転する前にスムーズに運転するために必要なコツについて確認しておきましょう。

一般車両との大きさの違い

トラックを運転するときは、一般車両との違いについて理解しておく必要があります。決定的に違うのが大きさです。車幅に車高の高さ、車体の長さなど一般車両とは全然違います。そのためいつも運転するような一般車両と同じ感覚で運転してはいけません。

一般車両との構造の違い

構造のはそこまで大きく変わる部分ではありませんが、オートマの車がほとんどの一般車両と違いトラックはまだまだマニュアル車が多いのが現状です。またトラックには排気ブレーキと呼ばれる特殊なブレーキがついています。大きなトラックを運転するときはこの排気ブレーキを上手に使う必要が出てきます。

まがる時のコツ

大きなトラックになればなるほど小回りがききにくくなるのでまがる時には注意が必要です。特に注意が必要なのが内輪差で一般車両と同じような感覚でハンドルを切ってしまうと内輪差でガードレールなどに接触する危険性があります。

バックする時のコツ

荷台に大量の荷物を積むトラックは後方を確認することができません。トラックでバックするときはサイドミラー後方を確認するのが基本になります。もし確認しにくかったり今いち距離感がつかめない場合はドアを開けて確認しながら行なうといいでしょう。

広告募集中